林業親方、巣立つ!平成27年度「林業生産専門技術者」養成プログラムの修了式を実施(10月9日)

 10月9日、かごしまルネッサンスアカデミー履修証明プログラム「平成27年度 高度林業生産システムを実現する「林業生産専門技術者」養成プログラム」が最終日を迎え、修了式を行いました。

式には受講生11名が出席。前田芳實学長と住吉文夫研究担当理事からの祝辞と、西野吉彦演習林林長から修了証書が授与されました。開講から9年目にして受講生の総数は130人を超え、九州の林業従事者のおよそ50人に一人が本講座から巣立ったことになります。

本講座では、林業現場の最前線に従事するプロの方々を対象とし、『新しい時代の林業親方をつくる』と銘打ち、

①木材生産の依頼に対し適正な生産システムによる現場管理ができる、

②壊れにくく効率の良い作業路網の作設ができる、

③流通に通じ、市場や需要に応じた対応ができるという

3つの教育目標を掲げ、林業組織の中核的人材である素材生産業のリーダーを育成しています。

 本学では今後も、人的資源・ネットワークを活かして、日本の森林・林業を最前線で支える人材の実践力育成に取り組みます。

 

DSC_4482

 

DSC_4496

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(写真上:前田学長による挨拶)

(写真中:全員で記念撮影)

(写真下:現場での実習の様子)